国分寺・生活者ネットワーク  2019政策

子どもの育ち・学びを応援
●子育てを孤立させない支援のしくみ、産前産後の支援を充実させます
●待機児ゼロを目指すとともに、保育の質と環境を向上させます
●ゆとりのある学童保育、放課後デイサービスの充実にむけて体制を整えます
●困難をかかえる家庭への寄り添った支援体制をつくります
●貧困による教育格差をなくすためのサポートを教育と福祉の連携で充実させます
●子ども・若者の意見・提案を、まちづくりに積極的に活用します
●虐待を防止するために、子どものころから人権を大切にすることを学ぶ機会を増やします

高齢になっても障がいがあっても暮らしやすい支援
●地域包括支援センターの機能を拡充し、多世代へ支援できる体制を整えます
●認知症になっても安心して暮らせる体制を整えます
●介護者(ケアラー)を支え、在宅介護・在宅医療のしくみを強化します
●障がい者の就労支援・生活支援をすすめます
●気軽に相談できる総合相談窓口をつくります

持続可能な暮らしと安心できる環境づくり
●地産地消をすすめ、食の安全、農を守ります
●国分寺崖線、砂川用水の水と緑を守り、野川の親水化をすすめます
●国分寺駅南口など駅周辺を緑ある環境に計画的に整えます
●ごみの発生抑制・再使用を推進し循環型社会をめざします
●学校給食の牛乳はビンに変えていきます
●「香害」など化学物質過敏症について多くの人が知る活動を行います。
●男女共同参画の視点で、平常時から地域防災力の向上をめざします
●脱原発!原発の再稼働に反対し、省エネルギー・再生可能エネルギーをすすめます

大事なことは市民が決める
●市役所の庁舎建設は市民の意見を集め、生かしながら速やかにすすめます
●公共施設は誰もが利用しやすいかたちに整えます
●空き家・空き部屋の活用で、誰もが集える居場所づくり・仕事づくりをすすめます
●議会報告会など市民に開かれた参加型の議会にします
●次世代にツケを残さない! 市の財政運営を厳しくチェックします
●情報をわかりやすく公開し、政策決定過程に子どもも含め幅広い市民参加の仕組みをつくります
●NPO や市民の活動を応援するしくみを、市民参加でつくります
●福祉的な視点をもった包括的な交通政策・移動や買い物支援をすすめます
●消費税を上げる前に、史上最高額を更新し5兆円を超える防衛費を削減し、福祉費用に充てるべきです
●多様性を認め合う、ジェンダー平等社会を実現します
●憲法をまもり、地域から人権・平和を発信します